地域生活支援センター 摂津市立みきの路 グループホームサルビア・ガーベラ・オリーブ・コスモス・サクラ

地域生活支援センターとは

写真:玄関
摂津市立みきの路 外観

障害者支援施設とグループホーム

地域生活支援センターは、「障害者支援施設 摂津市立みきの路」とグループホーム「サルビア」、「ガーベラ」、「オリーブ」、「コスモス」、
「サクラ」を併せた総合的な施設名称です。

運営理念

  • 利用者の方々の個性・人権を尊重し、利用者の方々が地域生活において安心と楽しみを感じて頂けるような家庭的な雰囲気を提供します。
  • 利用者の方々、一人ひとりが主人公になれるように地域生活を提供いたします。
  • 小さい声にも耳を傾け、スタッフ全体での課題解決に努めます。
  • スタッフは“支援者”ではなく、“暮らしのパートナー”として利用者の方々に接します。生活ルールも利用者の方々が主体で決めて頂くようサポートいたします。
  • 地域の一員であるという認識で、地域活動にも積極的に参加するとともに、スポーツや文化活動への参加を図り、積極的な社会参加をすすめていきます。
  • 各種機関との連携や協力を密にとり、利用者の方々の“生活の質”の向上に努めます。生活上の安全の確保に努めます。

苦情申出窓口

 
苦情解決責任者 大野 孝浩(管理者)
苦情受付担当者 青山 直美(施設長代理・サービス管理責任者)…摂津市立みきの路
山川 英明(サービス管理責任者)…グループホーム
第三者委員 内藤 一男   
前野 隆
当事業所以外 摂津市保健福祉部障害福祉課大阪府社会福祉協議会運営適正化委員会「福祉サービス苦情解決委員会」

このページの上に戻る